2013年6月20日木曜日

人々に知らない公衆無線LAN (Wi-Fi)の危険性(vpn利用)

今日では、公衆無線LAN (Wi-Fi) ホットスポット経由でインターネットにアクセスすることが当たり前になってきています。公衆無線LANはファストフード店、図書館、公園、街中のホットスポット、一般家庭など至るところに張り巡らされています。 こうしたWi-Fiを利用することで、私たちはデスクから解放され、移動中でも仕事ができるようになりましたが、Wi-Fiの安全性について考えたことはありますか?

wifi vpn
誰でも利用できる公開ネットワークは、セキュリティ侵害には脆弱です。 あなたの安全は保証されません。 セキュリティ対策が実施されていないWi-Fiネットワークでは、同じネットワークに接続している全員が、お互いのコンピューターとインターネット上の活動にアクセスできるため、あなたのEメールがのぞき見されたり、あなたがインターネット上で何をしていたかを見られる可能性があります。その際パスワードは必要ありません。 これはすべてのホットスポットにあてはまります。あなたのEメール、パスワード、セキュリティコードその他の情報は、同じネットワークにひそかに接続しているハッカーから丸見えです。vpn接続vpn connection)したら、個人情報のセキュリティを確保できますよ!
無線LANは電波を使って情報をやりとりするため、適切な情報セキュリティ対策を取らずにいると、気がつかないうちに通信内容が盗み見られたり、ウイルスの配布などに悪用されたりするなどの被害に巻き込まれるおそれがあります。
そのため、無線LANを安心して利用するためには、これからご紹介する情報セキュリティ対策を取ることが必須です。今、お勧めいたすセキュリティ対策はFlyvpnです。

安全性を強化するためには、通信内容を暗号化する仮想プライベートネットワーク (VPN) の利用を検討するべきです。 VPNサービスの費用が発生することがありますが、Wi-Fiを頻繁に利用するユーザーならばその価値はあります。 勤務先が自社専用VPNを持っていない場合は、VPNソフトウェアなどを試してみても良いでしょう。利用したいなら、簡単にvpnを設定すればできますよ。詳しくはブログhttp://japanflyvpn.blogspot.jp/2013/05/vpnfly-fly-fly-with-mebangkok.htmlをご訪問ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿